ホーム人物・歴史花と恋して ‐牧野富太郎伝‐
商品詳細

花と恋して ‐牧野富太郎伝‐[107]

販売価格: 2,000円(税別)
(税込: 2,200円)
[在庫あり]
数量:

『草を褥に木の根を枕 花と恋して九十年』
 

本著は『日本植物学の父』といわれる牧野富太郎博士を師として、自らも植物の研究に携わってきた上村登氏が知る、博士の生涯をまとめたものです。
 高知県佐川町で過ごした幼年期から青年期、植物研究のために飛び込んだ大学での研究生活や教授との軋轢、苦しい暮らしを献身的に支えた壽衛夫人のこと、晩年の暮らしぶりなど、その波乱万丈な生涯が綴られています。

「採集会や講演会で牧野講師の指導を受けると、驚くべき植物知識と名講師ぶり、温情あふれるその人柄と親しみの深さに魅せられて、熱烈な牧野ファンになるのである」
「牧野博士の素晴らしさは、血がにじむようにして得た自分の植物知識を、惜しげもなく大衆に分かち与えられたことだ」
 博士のあふれんばかりの魅力が存分に語られています。

商品詳細
内容:第一章 少年時代 /第二章 青雲を抱いて /第三章 大望『日本植物志』 /第四章 経済的困窮時代 /第五章 花と恋して /第六章 牧野博士のおもかげ /補選 /牧野富太郎博士年譜 /あとがき /参考文献 
頁数:376頁
サイズ:B6寸伸判
著者/発行:著者・上村 登 /発行・高知新聞総合印刷
発行年月:2022年7月16日 *新装復刊版(1999年初版)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス