ホーム人物・歴史牧野富太郎博士からの手紙
商品詳細

牧野富太郎博士からの手紙[106]

販売価格: 1,800円(税別)
(税込: 1,980円)
[在庫あり]
数量:
 本著は、1992年に発行された初版本を、牧野富太郎博士生誕160年を記念して、装丁も新しく復刊したもの。 
 植物研究に携わっていた著者の武井近三郎氏(故人)は、昭和7年、比叡山での植物採集研究会にて牧野富太郎博士と出会い、その頃から付き合いが始まります。東京、高知と離れてはいましたが、博士が亡くなるまで二人の交流は続きました。届いたはがきや手紙は200通余り。その中から104通を掲載しています。
 手紙の内容は、植物の葉や苗を送ってほしいというものが多くを占めていますが、そのほかにも歌を詠んだものや、高知への郷愁を綴ったもの、南海大地震(昭和21年)後には長文のお見舞いの手紙も送られています。どの文面からも、植物に真摯に向き合う姿勢の中にユーモラスな、そして愛情深い博士の人柄が伝わってきます。
 「いつまでも牧野博士のことを皆さんが忘れることのないように…」という著者の思いとともに、二人の貴重な交流の記録をまとめたものです。
商品詳細
内容:ある日の新聞記事/四女・玉代さんと再会/牧野博士との出会い/博士の生いたち/波乱の東京生活/故郷の山河楽しむ/戦災・震災への心遣い/植物問答/送ってくれた種もの/依頼の便り/年頭の祝辞/五台山へ植物園計画/牧野博士と別れ/偉業永遠に/牧野植物園開園当時の植物目録/あとがき
頁数:282頁
サイズ:四六判
著者/発行:著者・武井 近三郎 /発行・高知新聞総合印刷
発行年月:2022年6月17日
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス