ホーム自費出版北海道開拓を支えた高知県人 〜土佐藩の箱館探査から昭和の許可移民まで〜
商品詳細

北海道開拓を支えた高知県人 〜土佐藩の箱館探査から昭和の許可移民まで〜[14122]

販売価格: 3,000円 (税別)
[在庫あり]
数量:
 本著は、「近代の北海道開拓に高知県人がいかにかかわってきたのか」というテーマについて、著者前田氏が10年以上にわたって現地調査を踏まえてまとめた歴史研究所である。
 第1部では幕末の土佐藩が蝦夷地開発に関心を示し、家臣を箱館に派遣していた事実。第2部ではクラーク博士から「土佐ボーイ」と呼ばれた札幌農学校1期生3人のドラマや聖園牧場、移民団・北光社の設立・移住・開拓の実態を分析。そして第3部では根釧原野の開拓に貢献した高知県の許可移民を取り上げている。
 さらに、許可移民の移住先の現地調査を行い、人々がどのような開拓生活を送り、現在に至っているのかを、開拓の歴史を現在の子孫との交流まで広げ、たどっている。
商品詳細
内容:第1部 土佐藩と蝦夷地(第1章 土佐藩の箱館探査/第2章 坂本龍馬の蝦夷開発計画 他)/第2部 「明治期」渡道した高知県人(第1章 高知藩の分領支配/第2章 クラーク博士「有畜農業経営」を提言/第3章 「湧別開拓の祖」徳弘正輝 他/第3部 根釧原野を拓いた高知県人(第1章 許可移民制度と関東大震災/第2章 許可移民制度の成立と移民募集/第3章 冷害と農業経営形態の転換 他)
頁数:406頁
サイズ:A4判
著者/発行:前田桂子著
発行年月:2018年6月
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス