ホーム自費出版父が残した戦場日記 ニューギニアから故郷土佐へ
商品詳細

父が残した戦場日記 ニューギニアから故郷土佐へ[14100]

販売価格: 1,200円 (税別)
[在庫あり]
数量:

 本書は、編者でもある花井睦さんの父、倉橋一美氏が書いた戦地・東部ニューギニアでの従軍日記をまとめたものです。 日記は、倉橋氏の戦死後アメリカ兵が持ち帰っていたのですが、戦後10年を経て、家族の元へ届けられました。  日記には、召集されてから東部ニューギニア・ギルワでの戦死直前まで1年4カ月の出来事が書かれています。飢餓と病気に苦しみながら、いつも家族を思い、故郷高知へ思いを馳せていた倉橋氏の心の動きが伝わってきます。「子供見たし。」の言葉で終わるこの日記は、遠い戦地で命果てたほかの多くの兵士の思いを伝えるために、日本に帰ってきたようにも思います。  戦後70年となる本年、語り手も減りその記憶も薄れていく中、戦争を伝える貴重な一冊です。  

     第59回 高知県出版文化賞受賞

商品詳細
内容:はじめに/奇跡の“帰還”/昭和十六年/昭和十七年/昭和十八年/墓前に白いお米を/「父が残した戦場日記」によせて
頁数:176頁
サイズ:四六判
著者/発行:花井 睦 編
発行年月:2015年5月
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス